×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LPlog2GPX

LPlog走行ログ→GPX変換ソフトウェア version 2006.12.09


1. このソフトウェアの特徴

このソフトウェアは、以下の機能を備えています。

2. インストール方法

以下のファイルを適当なフォルダに置きます。

LPlog2GPX.exe LPlog2GPX本体

Google Earth等で読み込めるKML形式のファイルを作成したい場合は、GPSBabelDownloadページからGPSBabelをダウンロードし、以下の2つのファイルをLPlog2GPX.exeと同一のフォルダに置きます。

gpsbabel.exe GPSBabel本体
libexpat.dll GPSBabelが使うライブラリ

3. 使い方

LPlog2GPX.exeを実行し、変換したいLPlogの走行ログファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップします。複数ファイルを同時にドラッグ&ドロップできます。

フォルダ選択ダイアログが現れた場合は、保存先フォルダを選択します。次回の起動時はこの保存先フォルダが自動的に設定されます。それ以降、保存フォルダを変更する場合は、[ファイル]メニューの[保存先の選択...]から変更できます。

ウィンドウの表示が止まるまで待ちます。

「COMPLETE!」と出ればファイルが拡張子が.gpxのファイルが作成されています。また、GPSBabelをLPlog2GPXと同じフォルダにおいている場合は、拡張子が.kmlのKML形式のファイルもあわせて作成されます。

なお、保存先にすでに出力するファイルと同名のGPXファイルが存在する場合は、容赦なく上書きします。


戻る